さまざまなご相談をいただき、
一緒に一歩を踏み出した方の歩みを
本人の許諾を得て紹介しています。

CASE1

利用者の声_CASE1

面接の練習や
スポーツ・アクティビティを通して
就労への一歩を踏み出しました。
(Aさん 販売職)

STEP1 ご相談

●ユースサポートセンター(以下「YS」)利用のきっかけを教えてください。
大阪府若者サポートステーションを利用していて、紹介してもらいました。

●YSを利用しての感想をお聞かせください。
思っていたよりも来やすく、話しやすいと思いました。ウノなどのゲームでリラックスし、打ち解けることができたと思います。建物もきれいで、開放感があり、男女ともに来やすい雰囲気です。

STEP2 セミナー/アクティビティ

●YSで利用したプログラムなどを教えてください。
就職準備講座、スポーツプログラム、アクティビティ・プログラム、就職準備講座は、面接練習など少しずつ慣れていけたのが良かったと思います。グループワークで皆と話し合えて、少しずつ心構えができました。
スポーツプログラムでは、YS以外のこころの健康センターの方もいたので新鮮でした。体を動かすのが楽しかったです。特にバドミントン。
アクティビティ・プログラムは皆でいろいろ作るのが楽しかったです。クレープやコースターなど作りました。一人一人意見を出してイベント内容を決めていくのも良かったです。

STEP3 利用後の変化

●プログラムを通じての感想
元々できていたことができなくなっていたように感じます。働いていなかったときは友達としか関わりがありませんでした。一から人と関わる感覚を忘れていましたが、思い出すことができたように思います。

●今後の目標をお聞かせください
やりたいことをはっきりと見つけて、それを実現できるようになりたい

 

CASE2

利用者の声_CASE2

就職準備講座を通じて
自分のやりたいことを発見。
現在は飲食店で勤務しています。
(Bさん 男性 30歳)

STEP1 ご相談

●YS利用のきっかけを教えてください。
最初、発達障害者支援センターに相談に行っていて、そちらのスタッフさんから就職準備講座のことを教えてもらい、興味を持ちました。就職活動に対しての一般常識が知りたくて、一から勉強しようと思いました。それまで人との触れ合いが少なくて緊張しましたが、講座を受ける前に3回ほど面談を受けて慣れていきました。

STEP2 セミナー/アクティビティ

●YSで利用したプログラムなどを教えてください。
就職準備講座です。知らなかったことや今まで漠然としていたことが一気に見えてきた感じがします。就職活動をしていたけれど何をしていいのかわからなかった部分が見えてきて、不安が少し消えました。講座を受けた後、就労体験も行いました。

●プログラムを利用しての感想をお聞かせください。
家族以外の人と話すことが少なかったので、YSで世間話など話をする時間がとても楽しかったです。人と話をする楽しさを感じることができました。

STEP3 利用後の変化

●現在の状況は?
飲食店で働いています。職場の雰囲気はとても良いと感じています。実生活の中で仕事につながることをやってきたか考えました。そのときに今まで自分のご飯や家族の食べるご飯を作ってきたことを思い出し、料理が好きなことに気づきました。

●今後の目標をお聞かせください。
一人暮らしをすることです。親も一度は経験してみた方が良いと言ってくれています。